sweets gift

お菓子のプレゼント

お菓子を手作りするということ

買ってきたお菓子は美味しいですが、いつもそればかりでは飽きてしまうということがあります。
一方でお菓子を手作りすると、既製品にはない味わい深さを楽しめる他、そこに作る楽しさが加わります。
初心者でも作りやすいお菓子にはまずゼリーが挙げられ、電子レンジを使用すればガスを使わなくとも作れる場合があります。
その次に作りやすいものには、クッキーが挙げられます。
クッキーは少々手間がかかりますが、材料を指定された通りに混ぜあわせた後レシピ通りの温度でそのまま焼けば、大抵の場合うまく焼けるものとなります。
またクッキーは日持ちがするため、手作りをしてたくさん出来ても食べきりやすいものとなります。
更に板チョコレートを型に入れて冷やし固めるというのも、簡単な部類に入りますが、温度管理がうまくいかないとチョコレートが焦げてしまうなどがあるため、美味しく綺麗に作るとなると意外に繊細なものです。
この一方で、デコレーションケーキは作るのが難しい部類に入ります。
デコレーションケーキを作る難しさには、ケーキがうまく焼きあがらない、デコレーションが綺麗に仕上がらないなどがあるため、少々難易度が高いものとなります。

お菓子作りは手作りすることで出費を抑える

自分へのご褒美、子供や家族へのおやつとしてお菓子はとてもうれしい食べ物になりますが、ケーキやプリンなど値段が高かったりしてたくさん買うことはできず、満足できないこともおおくあります。
しかしそんなケーキやプリンなどのお菓子ですが、手作りすることで安く作ることができるため出費を抑えることができることだけでなく多く作ることもできます。
一般的なお店で売られているケーキは安ければ1カット200円から300円、ホールで丸型15㎝のもので2000円くらいの値段で売っていますが、それらを手作りすることでかかる費用を半分以下にすることができます。
お店で売っているケーキなどの値段で食材にかかる金額は多く見積もっても半分以下になります。
さらにお菓子を作るのに必要な材料は凝ったものを作ろうと思わない限りは、スーパーなどで簡単に手に入るものばかりなので材料もすぐそろいます。
そのためお菓子を手作りすることで出費を抑えることができ、大量に食べることもできます。

Valuable information

最終更新日:2016/7/1