sweets gift

お菓子のプレゼント

お礼の品物はお菓子が無難

普段のお付き合いのなかで、何かお礼をしないといけない場合は、言葉だけでなくちょっとした品物を添えるのが一般的です。
その場合、最も喜ばれるもののひとつが、お菓子です。
お菓子は、和風・洋風などの幅があり、先方の好みに合わせられる他、日持ちするもの、見ばえのいいもの、珍しいもの、有名店のものなど、用途によって使い分けができるのも大きな特長です。
まず、渡す相手の好みを考え、和菓子にするか洋菓子にするかを選択します。
そして、持って行く場所や人数に応じて、商品を決めていくとよいでしょう。
会社の場合だと、お菓子はお客様にお出しする茶菓子として使われることもありますから、個包装で数が多いものがベターかもしれません。
個人の場合は、家族構成を考え、お年寄りがいらっしゃるお宅には有名店の和菓子、お子様がいるなら、その日のおやつにできる洋生菓子もいいでしょう。
お菓子は、食べる人を笑顔にしてくれる商品です。
お礼と一緒に笑顔もお届けできればよいと思います。

ちょっとしたお礼にはお菓子が最適!

人と人とのつながりの中で生きる私たちは、支え支えられ日々を送っています。
人から恩を受けた時に、その感謝をさらりと示せる人間でありたいものです。
しかし、お礼をすることで畏まってしまったり、その気持ちの表し方に迷ってしまう事があるのも事実です。
そこで手軽に、そして重くなくお礼を伝えるのにお菓子を贈ってみてはいかがですか。
あらたまった箱入り、熨斗付きのものから、コンビニやスーパーで買えるものまで、その選択肢は多岐にわたりますが、その分ユニークな形で、また自分らしさや、相手の好みに沿う事で謝意を伝えることもできます。
地域のお菓子は遠方の人にとっては特別です。
どこの土地にも銘菓はあります。
外国のお菓子はパッケージもおしゃれで、女性には人気があり、また駄菓子などは、誰もが通った幼少期を思い出し、話が弾むことでしょう。
旬や季節を意識してみるのも、また良いものです。
一口にお菓子といえど、予算や気持ち、自分の趣味や相手の好みによって選択肢は無限です。
気軽に日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

recommend

Last update:2016/1/28