sweets gift

お菓子のプレゼント

お菓子の栄養で日々の疲れを癒やす

お菓子は3時のおやつとして食べる伝統があるため、栄養も非常に豊富です。
小豆を原料としている場合には、食物繊維やミネラルの量も多くなります。
小豆にはサポニンという成分も含まれていますから、饅頭などを食べれば血液サラサラ効果も得られます。
お菓子を固めるために使う寒天には、食物繊維が非常に多く含まれていますから、便秘解消のために食べることもおすすめです。
お菓子には脂質や糖質が多いですが、程よく食べる分には太る心配がありません。
ダイエット中であれば、脂肪分が少ない材料が多用される和菓子を積極的に食べると効果的です。
ケーキを食べる場合でも、栗やイチゴが使われていれば健康的です。
干しぶどうが使われているシフォンケーキにも、不足しがちな栄養がたっぷりと含まれています。
お菓子の栄養によって、肉体や精神の疲れも癒やすことができます。
かつては農作業中におはぎを食べて、塩分と糖分を摂取することがありました。
今でも仕事中にケーキなどを食べて、一息つくことはよくあります。

栄養価が高い材料が使われるお菓子

お菓子には、卵や牛乳などの栄養価が高い材料が多く使われています。
そのため、昔は滋養強壮のために使われることもありました。
カステラは南蛮渡来のお菓子の代表的なもので、舶来品であった砂糖も使われていたために特に貴重でした。
カステラのカロリーが高いことは事実ですが、食糧が乏しかった時代においては、逆に有り難い食べ物でした。
お菓子とは本来は果物のことですが、江戸時代以降には饅頭や羊羹などを表すためにも使われるようになりました。
そのため、果物を水菓子と呼ぶようになり、日本の食文化の一つとして定着しました。
昔ながらの水菓子の代表は干し柿ですが、今でも人気を得ています。
干し柿には適度に水分が含まれ、豊かな甘味が特徴となっています。
多彩な食材を使うようになってからは、お菓子の栄養も豊富になりました。
現代のスイーツも素晴らしいですが、昔ながらの干し柿も魅力的です。
干し柿の他にも、干し芋や甘納豆も栄養価が高くて美味しいものです。

Favorite

2017/3/17 更新