sweets gift

お菓子のプレゼント

手作りお菓子の保存方法

手作りのお菓子は心がこもっていて、贈るのも頂くのもとても楽しいものです。
しかし、お菓子をいっぺんには食べきれず保存しておきたい時は、どのようにしたら長持ちするのでしょうか。
クッキーなどの焼いたお菓子は、焼いた時に菌は死んでいますし、水分もほとんど無いため常温保存が可能です。
焼いた直後であれば粗熱が取れるまで冷まし、密閉できるタッパーなどに入れ、高温多湿を避け保存します。
タッパーの中に、乾燥剤を入れておくと良いでしょう。
乾燥剤は、市販の海苔やお菓子に入っていたものが使えます。
この状態で、だいたい一週間ぐらい置いておくことができますが、クッキーに使った材料や部屋の温度によっても変わってくるため、できれば3日以内に食べきるようにしましょう。
プリンやゼリーなども、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫に保管します。
冷蔵庫の中に匂いの強い食品があると、プリンやゼリーに匂いが移ってしまう場合があるため、注意しましょう。
保存期間は、2日から3日となっています。
手作りのお菓子は、保存料などが使用されていないため、市販の物に比べ日持ちがしません。
衛生管理の面からも考えて、美味しいうちになるべく早く食べるようにしましょう。

お菓子はいろいろな場面で活躍

お菓子は甘くて美味しいものが多いです。
人にお礼の品物として贈ることもできますし、自分のご褒美として購入することもできます。
お菓子を食べることで、日常の小さなストレスから開放されることもできます。
自分で作るという人もおられます。
教室に通って、ケーキやクッキーなどいろいろなものを作れるようになったといわれている人が多くおられます。
自分で作れるようになれれば、いろいろな人にプレゼントをしてあげることもできるのです。
お菓子は、子供も大好きです。
あまり食べさせすぎるのはよくないですが、少しずつであれば問題はありません。
子供が何か嫌がったときや、嫌なことを頑張ったあとにご褒美として買い与える親も多くいます。
子供が喜びますし、また頑張ろうと思ってくれるものです。
頻繁に、コンビニやスーパーでは、新商品が発売されます。
季節にあったものも多いです。
秋にはサツマイモ系のものが発売されたり、栗が使われているものが発売されたりもします。
新しい商品を、コンビニやスーパーに探しにいくだけでも楽しめるものです。
ケーキ屋さんなどにいくと、焼き菓子などがたくさん販売されています。
とにかく美味しいものが多いので、ご褒美などにぴったりなのです。

Favorite

ハワイでのファミリーフォトは実績豊富な専門店にお任せ。

ハワイ ファミリーフォト

少人数制のダイビングスクールです

ダイビングスクール 東京

グローバルコミュニケーション学群公式webサイト

グローバルコミュニケーション

最終更新日:2018/7/13